K-POPガールズ大戦に異変あり。アイドルたちの「セクシーコンセプト」はどこへ?

Pocket
LINEで送る

この4月、K-POP界では女性アイドルグループの“カムバック”ラッシュが続いている。

いやいや、昨年12月にSMエンターテインメントを離れた少女時代のスヨン、ティファニー、ソヒョンがSMに帰ってくるわけではないし、元KARAが復活するわけでもない。

(参考記事:【近況PHOTO】日本を熱狂させたKARA。元メンバーたちは今、一体どこで何をしているか

韓国の音楽界で“カムバック”とは、新曲(韓国では『タイトル曲』という)を引っ提げてその曲をアピールするために歌番組に多数出演するなど、積極的な音楽活動を行うことを意味する。

多くのガールズグループがカムバック!!

この4月に“カムバック”するのは実に6組のガールズグループだ。

4月2日に80年代レトロ・コンセプトのニューシングルを発表した「EXID」を皮切りに、4月9日には日本でも不動の人気を誇る「TWICE」がミニアルバム『What is Love?』をリリース。「OH MY GIRL」のユニット「OH MY GIRL BANHANA」も、『BANANA ALLERGY MONKEY』という独特な楽曲を発表し、プロモーションを展開している。

(写真提供=SPORTS KOREA)TWICE
また、4月19日には「Apink」がデビュー7周年記念スペシャル・シングルをリリースしているし、4月23日からは「LOVELYZ」、4月30日からは「GFRIEND」が新しいアルバムのプロモーションを展開する予定らしい。

(写真提供=SPORTS KOREA)GFRIEND
このように人気ガールズグループのプロモーションが4月に集中する現象について、韓国のメディアも「爽やか、ハツラツ…4月のアイドル界は“ガールズグループ大戦”」(『国民日報』)、「4月、春風に乗ってガールズグループが帰ってくる」(『スポーツ・ソウル』)と見出しを打って報じている。

K-POPのファンにとっては、それこそ“春のお祭り気分”ではないだろうか。

そんな4月の“K-POPガールズ大戦”を見守りながら、ふと気づいたことがある。

一時は性的で扇動的な“セクシー”一色だった

いわゆる“セクシーコンセプト”を全面に打ち出すグループが激減しているという事実だ。