欧州組も強行招集へ!? 韓国のリオ五輪OA枠は誰になりそうなのか

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTSKOREA)左がソン・フンミン
(写真提供=SPORTSKOREA)左がソン・フンミン

リオデジャネイロ五輪まで100日を切った今、男子サッカーで話題になっているのは各国のオーバーエージ枠の活用だろう。

オリンピック男子サッカーは予選ではU-23世代で争われたが、本大会では24歳以上のオーバーエ-ジ(OA)選手を3人まで登録することができる。日本はその人選がまだ固まっておらず、期待されている欧州組の招集は難しいと判断しているようだが、韓国はどうか。

4月26日にオリンピック100日前となる4月26日に記者会見を開いた韓国五輪代表のシン・テヨン監督は、「現時点では明かせないが、5~6人はチェック済みだ」と明かしている状態だ。すでに1枠は決まっている。3月の時点で内定したのは、イングランド・プレミアリーグのトッテナム・ホットスパーに所属するFWソン・フンミンだ。

A代表でも主力のソン・フンミンは“韓国代表の若きエース”とされる逸材で、U-23韓国代表は“コルチャギ(谷間)世代”と言われているだけに、ある程度は予想できた抜擢でもあるが、その起用は1月のU-23アジア選手権の時点で決まっていたという。
(参考記事:OA枠にソン・フンミン!! 日本に衝撃敗戦した韓国リオ五輪代表の現在

残り2つのOA枠には誰が?

気になる残り2枠は守備陣で固められそうだ。シン・テヨン監督も「守備のほうに念頭を置いて5~6人をチェックしている」という。