“メガネ先輩”らがドラマ化!! 藤澤五月似の女優も因縁アリのスポーツ・ドラマ事情

Pocket
LINEで送る

平昌五輪をきっかけに韓国で火がついたカーリング人気。その盛り上がりにあやかって、カーリングをモチーフにしたテレビドラマが制作されることが決まったという。

ドラマ『渇くことないカーリング部』(仮題)がそれだ。

今年の放映目指してクランクイン

今年の上半期に単発ドラマとして地上波などで放送予定だといとう同作は、韓国コンテンツ振興院と議政府(ウィジョンブ)市の協力を受け、映画製作社のFEEL CINEとコンテンツ制作・配給会社ヘオルム・エンターテインメントが制作するという。

カーリングを題材にしたドラマが制作されるのは、今回が初めてのことだ。

これまで韓国でカーリングがマイナースポーツだったことを考えれば、それも不思議ではないが、振り返れば平昌五輪で銀メダルを獲得した当時から、女子代表チームは大人気だった。

(写真提供=SPORTS KOREA)
五輪終了後、LG電子のコードレス掃除機『コードゼロA9』とロボット掃除機『コードゼロR9』のCMにも出演したほどである。

(参考記事:【動画】“メガネ先輩”がロボット掃除機を投げた!? 「ギャグじゃなかった…」韓国カー娘のCMが人気

それから2カ月足らずの間に今度はテレビドラマ化が決まっただけに、平昌五輪で女子代表が与えたインパクトの大きさを感じずにはいられないが、これまでも同じような前例はあった。

過去にはキム・ヨナ人気にあやかった作品も

例えば2004年には、アテネ五輪で銀メダルを獲得したハンドボール女子代表の実話を基に、『私たちの生涯最高の瞬間』と題した映画が公開されている。