「薬を飲まなければ当時のことは話せない…」医療事故ですべてを失った韓国女性芸能人の告白

Pocket
LINEで送る

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】「昔の顔に戻れるならどんなにうれしいか…芸能人だからというわけではなく、一人の女性として生きていくのがとても辛いです」

KBS2『家事をする男たち シーズン2』に出演中の歌手兼女優ミナの妹であるニキタ(本名シム・ソンミ)にとって、2016年4月は悪夢のような時期だった。

ニキタ(左)と姉のミナ
新曲発表に向けてミュージックビデオの撮影を終え、韓国と中国で活動する計画も固まった矢先、皮膚科手術の医療事故に遭ってしまったのだ。

その後、彼女の人生は一変した。

4月26日、本紙との電話インタビューでニキタは、「その話をするのであれば、薬を飲まなければなりません。そうしなければ、冷静さを保てないのです。その医療事故の後、パニック障害、うつ病、対人恐怖症、怒り調節障害が生じました」と涙ぐんだ。

韓国成人の半数以上がかかる“怒り調節障害”とは

彼女は「最近医療事故で注目されているハン・イェスル氏を見て、告白する勇気をもらいました。病院からいち早く謝罪を受けた彼女がすごくて、本当にうらやましいです」と話した。

女優ハン・イェスルに医療事故発生。「どんな補償も慰めになりそうにない」

両頬に残された傷跡(画像あり)

事の発端はこうだ。