韓国時代劇『オクニョ 運命の女(ひと)』を観る前に知っておきたい豆知識

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)
4月8日からNHK総合テレビで放映が始まっている韓国時代劇ドラマ『オクニョ 運命の女(ひと)』。

NHK総合テレビではこれまでも『宮廷女官チャングムの誓い』(2006年)、『太王四神記』(2008年)、『ファン・ジニ』(2009年)、『イ・サン』(2013年)、『太陽を抱く月』(2014年)、『トンイ』(2014年)などか放映されてきたので 第一話からご覧になっている視聴者たちも多いだろう。

オクニョの子役は今、18歳

特にチョン・タビン演じる主人公オクニョの溌剌とした明るさに好感を持つ視聴者たちは多いのではないだろうか。

『オクニョ』は、前出の『チャングム』や『トンイ』を生み出した“韓国時代劇ドラマの巨匠”イ・ビョンフン監督が演出を手掛けた作品であるが、『チャングム』や『トンイ』でもそうだったように、『オクニョ』でも主人公の幼年期を演じた子役は韓国でも人気者になった。

チョン・ダビンも今では18歳になったが、今でも“オクニョ”と親しまれているほどだ。

(参考記事: 『オクニョ』少女期チョン・ダビン、今では肩出しドレス&小悪魔グラビアも披露するほどに成長中!!

知っておきたい専門用語

ただ、現在3話まで放映されているが、日本では馴染みがない朝鮮王朝時代の専門用語などは今ひとつわかりづらい部分もあるのではないだろうか。