日本で活躍する韓国美女ゴルファー、母国凱旋。その盛り上がりと気になる初日は?

Pocket
LINEで送る

韓国では4月26日から、韓国女子プロゴルフツアーの今季初メジャー大会「CreaS F&C KLPGAチャンピオンシップ」が行われている。

優勝賞金2億ウォン(約2000万円)の同大会は、韓国女子プロゴルフ協会(KLPGA)が設立された1978年から開かれており、今年で第40回を迎えた伝統の一戦だ。

大会が行われるレイク・マーセッドGCは、韓国初のプロ女子ゴルファー(カン・チュンジャ、ハン・ミョンヒョンなど)が誕生した場所としても知られている。

それだけに出場選手も豪華だ。

有力選手が続々出場。日本ツアーからも

例えば、昨年韓国で賞金女王など6冠を達成したイ・ジョンウンだ。

大会開幕前には昨季から務めるKLPGA広報モデルのグラビア写真も公開になり、何かと話題を集める別名“ホットシックス”は、先週の大会に出場せずに、ここに照準を合わせてきている。

(参考記事:美女ゴルファーがウェアを脱いだ!! 2018年KLPGA広報モデルがギャップで魅了

イ・ジョンウンは5月3日から茨城GCで行われる国内女子ゴルフの今季メジャー第1戦「ワールドレディス サロンパスカップ」にも出場することが決まっているだけに、まずは韓国メジャーを制して弾みをつけたいところかもしれない。

また、今シーズン優勝1回、準優勝1回で賞金ランキングトップを走るジャン・ハナと、今季初戦「ヒョソン・チャンピオンシップwith SBS」を制した19歳のチェ・ヘジンなども出場する。

日本人選手の参加はないが、日本ツアーで活躍する韓国の人気美女ゴルファーたちが久々に韓国に戻ってきたことも、今大会の話題になっている。

まず、ユン・チェヨンだ。