南北共同宣言にも明記。ソン・フンミンも出場濃厚なアジア大会で南北合同チームが結成か

Pocket
LINEで送る

(写真提供=FA photos)ソン・フンミン
世界中の注目を集めた韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長による南北首脳会談。「朝鮮半島の平和と繁栄、統一のための板門店宣言」という共同宣言も発表されが、今後はスポーツでも南北の交流がさらに盛んになる。

宣言の中には、「2018年アジア競技大会をはじめとする国際競技に共同で進出し、民族の誇りと才能、団結した姿を全世界に誇示することにした」という内容も含まれたのだ。

これはすなわち、今年8月18日からインドネシアのジャカルタで開かれる第18回アジア大会で、南北合同チーム(韓国では南北単一チームという)を実現させることで合意したと、見ていいだろう。

ジャカルタ・アジア大会でも南北合同チームが結成しようという動きは以前からあった。

4月2日に韓国アーティストたちが平壌公演のために北朝鮮を訪問した際、その引率代表を務めた文化観光体育部(日本の文部科学省にあたる)のト・ジョンファン長官が現地で北朝鮮のキム・イルクク体育相と面談し、アジア大会について意見交換したと伝わったことで、ジャカルタでも南北合同チームを結成することが現実味を帯び始めたのだ。

(参考記事:ソン・フンミンと北朝鮮のハン・グァンソンが競演!? 「サッカー南北合同チーム結成」説が急浮上