中学の音楽講師がシンデレラに!!「国民的フィットネス大会」優勝者キム・クネとは?

Pocket
LINEで送る

無名の女子大生が一夜にして “シンデレラ・ガール”になった。

彼女の名はキム・クネ。現在、釜山にある東亜大学に籍を置きながらソウル市内にあるとある中学校で音楽を教える女子大生だが、週末には彼女の名が多く取り上げられたのだ。

そのきっかけとなったのは、週末にソウルで行われた『マッスルマニア・オリエンタルチャンピオンシップ』だ。

韓国のフィットネス&ボディビル大会の最高峰として絶大な知名度を誇り、「国民的フィットネス大会」(韓国スポーツ新聞『スポーツ京郷』)とされる『マッスルマニア』の今年最初のコンペディションで、キム・クネはミズ・ビキニ部門の1位に輝いたのだ。

(参考記事:【激撮24時!!】ミス・コリア出身キム・クネ、美しすぎるボディで2018年マッスル・クイーンの座へ!!

ミズ・ビキニ部門の解説が必要だろう。

そもそも『マッスルマニア』は単純に筋肉の大きさだけを競うものではない。ボディビル部門だけでもクラシック(バランスの取れた肉体を競う)、フィギュア(女性のボディビル)と細分化されており、男性限定のフィジークなどもある。

ミズ・ビキニ部門に200人が参加

そんな中でも“大会の華にして最大の目玉”とされるのが、ミズ・ビキニ部門だ。