朝鮮王朝時代の「王の名前」にはどんな意味が込められていたのか

Pocket
LINEで送る

ドラマ『オクニョ 運命の女(ひと)』は、朝鮮王朝でも13代王の明宗(ミョンジョン)の統治時代が舞台になっている。

明宗の父親は中宗(チュンジョン)で、兄は仁宗(インジョン)である。3人とも、名に「宗」がついている。これには、どんな意味があるのだろうか。

(関連記事:母に逆らえず33歳でこの世を去った朝鮮王朝の第13代王・明宗(ミョンジョン)とは

1392年に建国された朝鮮王朝は、1910年の滅亡に至るまで、27人の王が国を統治した。初代王の太祖(テジョ)にはじまり、最後の27代王・純宗(スンジョン)までである。

(写真提供=FA photos)朝鮮王朝時代の王宮「景福宮」
ところで、今も私たちが知っている朝鮮王朝時代の王の名前は、王が亡くなった後に、その功績によってつけられた諡(おくりな)であり尊号である。

つまり、生前にはこのように呼ばれてはいなかったのだ。

王名「祖」「宗」「君」の意味とは?

それでは、27人の王の名前を比べてみよう。