“7年目の呪い”解けず…。解散してしまった悲運のK-POPガールズグループを紹介!!

Pocket
LINEで送る

韓国は、芸能人の専属契約期間が「最大7年」と定められているため、デビュー7年目を迎えたK-POPアイドルたちは再契約をめぐってさまさまなトラブルに巻き込まれたりする。

メンバー同士の不仲や事務所との利害の不一致などが原因で、存続か解散かの瀬戸際に立たされる、いわば「7年目のジンクス」だ。

もはや魔の呪縛!! K-POPガールズグループが逃れられない“7年目の呪い”

今まで多くのアイドルグループが7年目のジンクスを経験している。特にガールズグループの場合、7年目にして解散してしまう場合が多く、そういうニュースが流れるたびに「またか」と思う人も少なくない。

ということで、その“7年目の呪い”を解けなかったK-POPガールズグループを見ていこう。

4minute

(写真提供=SPORTS KOREA)
(写真提供=SPORTS KOREA)

(写真提供=SPORTS KOREA)
2009年に発表した『Muzik』が大ヒットし、翌年には日本デビューも果たした4minute。しかし、「ヒョナのワンマングループ」というイメージが強く、実際にもヒョナだけがPSYの『江南スタイル』PVに出演するなど、スポットを当てられることが多かった。

契約満了を迎えた2016年6月、ヒョナを除くメンバーたちの再契約交渉が決裂。解散を余儀無くされた。

RAINBOW