韓国時代劇『オクニョ』主演のチン・セヨンと“恐怖の史実”豆知識について

Pocket
LINEで送る

毎週日曜日午後11時からNHK総合テレビで放映中の韓国時代劇ドラマ『オクニョ 運命の女(ひと)』。本日5月6日には第5話が放映されるのが、それを楽しみにしている視聴者たちも多いことだろう。

成人した主人公を演じる人気女優

先週の第4話では途中から、一気に5年の歳月が進み、それまで少女だったオクニョが成人になった。主人公オクニョを演じるのも天才子役チョン・ダビンからチン・セヨンに変わっている。

オクニョの少女時代のファンたちはちょっぴり寂しい気持ちになっているかもしれないが、これから物語の主人公を演じるチン・セヨンも注目だ。

チン・セヨンは今、韓国でも人気急上昇中の女優。もともと数々のドラマ・映画で活躍していたが、韓国で『オクニョ』が放映された2016年にその知名度が一気に高まり、今年3月からは大手新聞社『朝鮮日報』系のケーブルテレビ局TV朝鮮の大作時代劇ドラマ『大君(テグン)愛を描く』に出演している。

(参考記事:【韓国現地情報と秘蔵写真も入手】時代劇『オクニョ』主役チン・セヨンとはどんな人物なのか

くしくも『大君』は本日5月6日に最終回を迎えるが、「チン・セヨン『オクニョ』→『テグン』で証明した“時代劇クイーン”の真価」(『ニュース1』)と報じられるほど、高い評価を受けている女優なのだ。

「先代の王の毒殺説」は本当か

そのチン・セヨンが演じる成人したオクニョは、先週の第4話で捕盗庁(ポドチョン)茶母(タモ)の試験に不合格になってしまった。