火花を散らす韓国の美の祭典「ミス・コリア」の地域予選開始。失墜気味の権威を克服できるか

Pocket
LINEで送る

韓国を代表するミスコンといえば、「ミス・コリア」だろう。5月はミス・コリアの季節といえるかもしれない。

というのも、2018年ミス・コリアの地域予選は4月7日の慶尚北道(キョンサンブクド)や4月17日の釜山・蔚山(ウルサン)といった地域から始まっているが、ほとんどの地域が5月に入ってから行われる。

5月1日の済州(チェジュ)、5月7日のソウル、5月18日の忠清北道(チュンチョンブクド)などと韓国各地はもちろん、海外でもフィリピン(5月8日)、アメリカ(5月31日)、中国(5月31日)などで開かれる。日本でも5月20日に東京で地域予選が行われる予定だ。

頂上決戦「ミス・コリア選抜大会」へ向けて

そういった地域予選を経て地区別代表が決まり、その後に「ミス・コリア選抜大会」がある。

今年は7月4日に開催。本大会といえるミス・コリア選抜大会では、ドレス姿や水着姿でその美貌や知性を競い合い、優勝した者が「ミス・コリア眞(ジン)」となる。

(参考記事:ゴージャス撮20連発!! 第60回ミス・コリア選抜大会の麗しき受賞者たち

といっても、その道のりは険しい。5月に多くの場所で行われる地域予選を勝ち上がるのも簡単ではないのだ。

ミス・コリア地域予選の現実

例えばミス・コリアを主催する韓国大手新聞社『韓国日報』は、4月28日に行われた大邸(テグ)予選の一次審査の様子を紹介していた。