レッドカードが4.2倍にまで!! 韓国Kリーグで退場者が続出しているワケ

Pocket
LINEで送る

韓国でも去る5月5日は子供の日だった。そんななか、Kリーグ第12節が行われ、各地で多くの観客を集めた。

最も多くの観客を集めたのは、FCソウル対水原三星の一戦。韓国で“スーパーマッチ”と呼ばれるナショナルダービーである。その入場者数は3万6788人。FCソウルが子供たちの入場を無料にしたこともあるが、有料観客数は2万9617人とまずまずだった。

(写真提供=FA photos)5月5日に行われたFCソウル対水原三星
4月で水原で行われた“スーパーマッチ”の観客数は、史上最低の1万3122人だっだだけに、Kリーグ関係者もほっと一安心というところだろう。

ただ、その一方で悩ましい問題も抱えている。韓国Kリーグでレッドカードが多発しているのだ。

1~10節までの60試合で、25枚のレッドカードが出されているという。そのうちイエローカードの累積による退場は7回に過ぎず、一発レッドが計18回にも及ぶ。昨シーズンの同時期に比べて、4.2倍の多さなのだ。

特に4月28~29日に行われた4試合では、6人の退場者が出ている。近年Kリーグの観客動員数が激減しているだけに、そのさらなる原因になってしまわないかと注目せざるを得ない。

(参考記事:転げ落ちるようにKリーグの観客動員数がさらに激減…その原因はどこにあるか

退場者続出の原因は?

韓国の大手スポーツ紙『スポーツ・ソウル』は、レッドカード続出の原因をビデオ判定(VAR)にあると分析している。