ついに自殺者が出た韓国の「#MeToo」運動に見る、韓国芸能界の深い闇

Pocket
LINEで送る

セクハラや性的暴行被害を告発する「#MeToo」運動が激化している韓国で、ついに自殺者まで出た。

もう演技力は問わない」MeToo運動がもたらす韓国芸能界の変化とは?

3月9日、俳優チョ・ミンギ(52)がソウル市内で首を吊った遺体で見つかったのだ。彼は生前、俳優業に加えて清州大学演劇学科の教授を務めていたが、学生らにセクハラ行為をしていたとの暴露が相次ぎ、被疑者として警察の取り調べを受ける予定だった。

初めてセクハラ疑惑が持ち上がった2月20日頃、チョ氏は疑惑をかたくなに否定していた。

しかし、大学の卒業生と名乗る男性による「女子はもちろん、男子にもセクハラや暴力行為をして、それが原因で休学した学生もいる。

学校内の絶対権力者だった彼に目をつけられると、将来が見通せない状況に追い込まれると言われたほどだ」との追加暴露に加え、すでに学生らの通報によって大学側から停職処分を受けていたことが明らかに。