イ・ボミ、キム・ハヌル、アン・シネら韓国美女ゴルファーたちの「オボイの日」とは?

Pocket
LINEで送る

昨日5月8日は、韓国で“オボイの日”と呼ばれている。

「オボイ」とはアボジ(父親)とオモニ(母親)を合わせた言葉で、「両親」を意味する。日本の「母の日」や「父の日」と同様に、両親に感謝する日というわけだ。

そんな“オボイの日”を迎えて、両親に格別な感謝を伝えているのは、韓国女子ゴルファーたちだろう。というのも日韓で活躍する韓国女子ゴルファーたちは、両親との二人三脚でゴルフを続けているといっても過言ではないからだ。

キム・ハヌルのミニスカは父の提案!?

例えば、5月6日に日本メジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」を制した申ジエも以前、“オボイの日”に両親のプレゼントを購入している姿を韓国メディアに報じられたことがあった。

その申ジエと最後まで優勝争いをした “ホット・シックス”ことイ・ジョンウン6も、父親の影響で小学2年生からゴルフを始めたという。交通事故で車椅子生活を送っている父に、ゴルフの賞金で電動車椅子をプレゼントした話は韓国で有名な話だ。

(写真提供=KLPGA)キム・ハヌル(左)とイ・ジョンウン
また、昨年の同大会を制したキム・ハヌルも「“オボイの日”を前に、良い親孝行ができた」とコメントしていた。キム・ハヌルの父親は、彼女のデビューから2010年までキャディを務めていたほどだ。

さらに今ではキム・ハヌルのトレードマークともいえるミニスカートをプレー中に履くように提案したのは、他でもなく彼女の父親だというのだから興味深い話だろう。

(参考記事:写真15枚!! キム・ハヌルが1年ぶりに臨んだKLPGAツアーを韓国カメラマンが追跡撮影!!

韓国女子ゴルファーたちが“オボイの日”を大切に、つまり両親を大切にしてやまないのは、父母の支えの中でゴルフをしてきたからに他ならない。

韓国女子ゴルファーを支える両親

韓国を代表する美女ゴルファー、キム・ジャヨンの父親は韓医学の医者で、娘のためにスポーツ医学や栄養学を学んで健康管理役を務めているとのこと。