“卓球美女”も「次は日本に勝てる!!」と強気発言。韓国代表が得た南北合同チームの手応え

Pocket
LINEで送る

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】「しっかり準備すれば、統一チームとしてもっと強くなれる」

世界選手権期間、南北合同チームを結成してスポットライトを浴びた卓球韓国代表チームが、銅メダルを首にかけて帰国した。

世界選手権を終え帰国した卓球韓国代表
選手とコーチングスタッフたちは短い合同チーム生活の裏話を打ち明け、北朝鮮選手たちとの再会を期待した。今度は日本を下して銀メダルを、ひいては1991年の千葉での世界選手権のように“万里の長城”中国といい勝負をしたいという意志を隠さなかった。

南と北が合わされば、さらに強いチームとなり、スポーツで良い成績が残せると確信した。

“卓球美女”ソ・ヒョウォンも「次は日本に勝てる」

女子代表は世界選手権の準々決勝で南北対決の代わりに27年ぶりに合同チームを結成。準決勝で日本と対戦し、国民の関心を集めた。