訪韓外国人観光客が1年ぶりに増加!! だからこそ改善したい韓国インバウンドの“根本問題”

Pocket
LINEで送る

ゴールデンウィークが終わり、早くも1週間が経とうとしている。海外で大型連休を過ごした人々も多いことだろう。今年は香港や韓国などの近場が人気だったそうだが、実は韓国でも日本からの訪韓外国人が多くなると見込んでいた。

韓国観光公社は、今年のゴールデンウィーク期間中に日本からの観光客が7万5000人強になると予想していたのだ。昨年のゴールデンウィーク期間中は6万5449人だったが、それよりも約15%は増加すると見ていた。

実際にその予想数字に到達したかは現時点では不明だが、韓国観光公社が昨年よりも約15%増を予想したくなるのも当然だろう。

というのも、韓国を訪れる外国人観光客が1年ぶりに増加しつつあるからだ。

韓国観光公社が発表したところによれば、去る3月の訪韓外国人観光客数は前年同月比10.7%増加した136万6000人。その要因としては、平昌五輪の成功で韓国の認知度が上昇したこと、朝鮮半島の緊張が緩和されたこと、中韓関係が改善傾向にあることなどが挙げられていた。

では、どの国の人が韓国を訪れているのだろうか。

世界各国の人が韓国を訪れている?

数字を見ると、軒並み増加していることがわかる。