日本ならどうする?強打者に美女ゴルファー、チアドルまで!韓国スポーツ界、タトゥーに賛否両論!!

Pocket
LINEで送る

今季は8人の韓国人選手を送り込んでいることからMLB(メジャーリーグ・ベースボール)への関心がいつになく高い韓国。そのうち6人が打者であることから「2016年メジャーリーグ“韓打日投”」(『京郷新聞』)とまで報じられたことは、以前紹介したが、4月は韓国人打者たちの明暗が分かれた。

まず、チュ・シンス(テキサス・レンジャース)、カン・ジョンホ(ピッツバーグ・パイレーツ)ら既存のメジャーリーガーたちは揃って負傷中で出場なし。今季からアメリカに渡った元ソフトバンクのイ・デホ(シアトル・マリナーズ)は打率0.280、本塁打2本に止まっているし、韓国時代は“安打製造機”と呼ばれたキム・ヒョンス(ボルチモア・オリオールズ)も15打数9安打を記録したものの4月は6試合出場に留まった。

そんな中で唯一、気を吐いたのが今季からミネソタ・ツインズでプレーするパク・ビョンホだ。

4月は19試合に出場して打率0.227、本塁打6本を記録した。パク・ビョンホは韓国時代に4年連続のホームラン王&打点王(2012年~2015年)に輝き、一昨年と昨年には2年連続50本塁打を記録した韓国球界屈指の強打者だが、シーズン序盤で早くもその実力を示したことになる。昨年11月の「プレミア12」でも韓国代表の主軸を務めていたので、記憶している日本の野球ファンも多いはずだ。

派手なタトゥーに賛否両論

このパク・ビョンホ。その長打力と合わせてもうひとつ有名なことがある。次ページの写真を見れば一目瞭然だが、左腕・前腕部に刻まれた派手なタトゥーだ。