日本と似て異なる韓国の「うつ病事情」から考える認識と対策とは?(前編)

Pocket
LINEで送る

ゴールデンウィークが終わったこの時期、春先に環境が変わった新入社員や新入生を中心に、無気力状態に陥る人が増えるといわれる。いわゆる「5月病」だ。

「5月病」はうつ病予備軍ともいわれており、専門家は深刻な症状に陥らないよう注意を呼びかけている。

美女トレーナーもうつ病を告白

実際、日本では近年、うつ病が増加している。厚生労働省は「2002年には71.1万人、2005年には92.4万人、2008年には104.1万人と、著しく増加」と伝えている。

うつ病が増えているのは、お隣・韓国も同様だ。

韓国の健康保険審査評価院によれば、2016年の患者数は前年比7%増の64万3102人に上るという。

韓国メディアをウォッチしていても、うつ病に関するニュースは連日のように目にするし、“脱アジア級スタイル”で知られるミスコリア出身トレーナーのレイヤンをはじめ、うつ病を経験したと告白する著名人も少なくない。

【画像&動画】「麗しの美ボディ」と騒がれるミスコリア出身トレーナー、レイヤン

そんな韓国でうつ病を専門的に研究している機関が、韓国うつ病研究所だ。

同研究所は、「韓国型うつ病」の研究や治療プログラムの開発・普及など、うつ病の予防と治療のために様々な活動を行っている。

韓国のうつ病の実状を知りたくて、ソウルから地下鉄を乗り継いで水原(スウォン)市庁近くに位置するオフィスを訪ね、カン・ヨン所長に話を聞いた。

若者のうつが増加

カン・ヨン所長が指摘する。