ソフトバンクに韓国の「野神」が降臨。金星根コーチングアドバイザーのホークスとの縁

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)ソフトバンクホークスのコーチングアドバイザーに就任した金星根(キム・ソングン)氏。2017年4月
「今季ソフトバンクに加わった金星根さん(75)も新しい挑戦を始めた。韓国球界では『野神(野球の神様)』と呼ばれる名指導者だ」

4月30日付の『朝日新聞』の「天声人語」でその名を見たとき、ついに「天声人語」にまで登場するようになったかと、正直驚いた。

活字離れが進む今日、かつてほどの権威はないかもしれないが、「天声人語」と言えば、中学生や高校生が文章の手本として必死に書き写した、名物コラムである。

韓国のプロ野球で歴代2位となる監督通算1372勝を挙げた金星根(キム・ソングン)氏が、今年からソフトバンクのコーチングアドバイザーに就任したことに関する文章であった。

メジャーリーガーも指導を仰ぐ手腕

私が初めて金星根氏に会ったのは、19年前のことだ。

(人気記事:日本には遠く及ばない? 日・韓プロ野球の「選手年俸」を比較してみた【2018開幕版】