「金メダリストをぶん殴った」元ショートトラック韓国代表コーチが中国代表入りか。韓国で物議

Pocket
LINEで送る

しかし、ショートトラック中国代表は、2022年の北京冬季五輪を控え、大々的なチーム補強のために、ソン・ジェグンとチョ・ジェボムコーチを招聘することにした。

永久除名処分は国内での活動に限定されるため、チョ・ジェボムコーチが中国代表に合流することは問題にならない。

だが、国際スケート連盟(ISU)ワールドカップなどの国際大会でシム・ソクヒと対戦する可能性があり、選手にとって負担となるかもしれない。

シム・ソクヒは、2018~2019シーズンにも代表に選ばれている。

韓国スケート連盟の関係者は、「最近、チョ・ジェボムコーチが中国へ行くという噂はあったが、代表入りすることは知らなかった」と話した。

(構成=S-KOREA編集部)