『オクニョ 運命の女(ひと)』が描いているのはどんな時代なのか

Pocket
LINEで送る

中宗の次に即位した12代王・仁宗(インジョン)は、わずか8カ月で急死してしまい、中宗の三番目の正室であった文定(ムンジョン)王后が産んだ明宗(ミョンジョン)が13代王として1545年に即位した。

明宗は11歳で即位したので、母親の文定王后が代理で政治を仕切った。幼い王が即位したときに、王族の最長老女性が摂政を行うのは朝鮮王朝の通例でもあったのだ。

大問題なのは、文定王后が政治の主導者としてふさわしくない人物だったということである。

『オクニョ』の鍵を握る“悪女”、文定大妃とは誰なのか?

当時は、凶作が多くて庶民の暮らしは大変苦しかったのだが、文定王后はそういう民衆を助けることもなく、一族の利権に執着した。

いわば、庶民を見殺しにしたのである。

そんな悪政を行なった文定王后の弟が、尹元衡(ユン・ウォニョン)だ。彼は才能のある人物ではなかったが、姉が陰の女帝として君臨したおかげで、最終的には領議政(ヨンイジョン/総理大臣に該当)にまで大出世を果たす。

“女帝”の弟としてやりたい放題だった尹元衡(ユン・ウォニョン)

悪の連鎖が続き…

当時は、儒教理念に精通した清廉な官僚たちもいたのだが、尹元衡はあらゆる策略を用いてそういう官僚たちを追放した。