『オクニョ 運命の女(ひと)』が描いているのはどんな時代なのか

Pocket
LINEで送る

そして、自分の意のままに政治を動かし、賄賂政治で私腹を肥やした。

その尹元衡の妾となっていたのが鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)だ。

彼女は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられるように、数々の悪行を重ねていった。ついには、尹元衡の妻を毒殺して自分が後妻になった。

最下層の身分から高官の正妻に…鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)の生涯

さらに、鄭蘭貞は文定王后の手先として、宮中で自ら手を汚して政敵をつぶしていった。まさに、悪の連鎖である。

明宗は優しい心を持った人物だったのだが、なにしろ母親が実権を持っていたので、自分では思いどおりに政治を動かすことができなかった。その点では苦悩が多い王であったのだ。

母に逆らえず33歳で急死…第13代王・明宗(ミョンジョン)とは

以上のように、文定王后を中心にして私利私欲に執着する悪人たちが朝鮮王朝を牛耳っていたのが、『オクニョ 運命の女(ひと)』が描いている時代なのである。

(文=康 熙奉/カン・ヒボン)

初出:歴史カン・ヒボン