「接待がしんど過ぎる、と言われ…」一世を風靡した人気子役が、放送主にたどり着いた理由は

Pocket
LINEで送る

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】1998年に放送された大人気ドラマ『順風産婦人科』(SBS)に出演し、人気子役として一世を風靡していた女優キム・ソンウン(26)が、韓国版ニコ生といわれる「afreeca TV」のBJ(放送主)に転向した。

YouTubeこそ我らの新天地!? K-POPアイドル・芸能人が次々とユーチューバーになる理由

彼女は5月14日、「キム・ソンウンのララ・ショー」というタイトルの個人放送を開始。

番組の中では、BJに転向したきっかけを率直に語っている。