村上春樹原作の映画『バーニング』がカンヌで大絶賛!! 受賞への期待高まる

Pocket
LINEで送る

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された映画『バーニング(原題)』が5月16日(現地時間)、カンヌ・リュミエール大劇場で公式上映され、喝采を浴びた。

韓国映画界の巨匠イ・チャンドン監督が、村上春樹の短編小説を原作にした理由

映画の上映に先立って行われたレッド・カーペットでは雨脚が強くなったが、大勢の観客が2300席の劇場を埋め尽くし、期待の高さを感じさせた。

イ・チャンドン監督と主演のユ・アイン、チョン・ジョンソン、スティーヴン・ユァンは、みんなで手を握りながらレッドカーペットを歩き、緊張感と喜びを漂わせた。

依然としながらも感慨深い表情を浮かべた彼らに、熱い視線が注がれた。

約148分間の上映が終わると、劇場は観客総立ちの拍手喝采。