NFLチアに初合格!! 本田景子さんに訊いた“チアリーダー日韓比較”

Pocket
LINEで送る

チアリーダー界の最高峰に挑戦する日本人チアリーダーがいる。バスケットボール日本代表オフィシャルチアリーダーズ「AKATSUKI VENUS」に所属する本田景子さんだ。

本田さんは今春、米ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)のジャクソンビル・ジャガーズ専属チアリーダー「ジャクソンビル・ロアー」に初合格。来る9月の開幕戦に向けて、渡米準備を進めている状況だ。

筆者も仕事柄、これまで多くのチアリーダーをお隣・韓国で見てきた。韓国は“チアリーダー天国”と呼ばれるほど、野球、バスケ、バレーボール、サッカーなどのプロリーグでチアリーダーが活躍している。

なかにはタレント活動やCDデビューを果たすなど、マルチに活躍しているチアリーダーもいて、芸能人並みの人気を誇るチアもいるほどだ。

(参考記事:【画像あり】セクシー美女ぞろい!! 韓国メディアが選ぶ“韓国チアリーダーBEST10”

とはいえ日本と韓国ではチアリーダーを取り巻く環境も異なるだろう。

そこで日本で長らくチア活動をし、ついに最高峰の舞台に立つことになった本田さんに、NFLオーディションの内容や今後の目標はもちろん、日米韓チアリーダーの違いなどを幅広く聞いてみた。

NFLチアのオーディションに挑戦

「私が今回受けたのはアトランタ・ファルコンズとジャクソンビル・ジャガーズのオーディションです。もともとはニューオリオンズ・セインツが第一志望だったのですが、直前になって“うちのチームはビザのサポートをしない”と言われてしまって、選択肢から外しました」