韓国女子バレー界の元祖美人姉妹ハン・ユミ&ハン・ソンイ

Pocket
LINEで送る

韓国女子バレーボール界の美人姉妹として有名なのは、ハン・ユミ、ハン・ソンイ姉妹だろう。姉のハン・ユミは1982年生まれ、妹のハン・ソンイは1984年生まれ。ふたりはともにジュニア時代から韓国代表を務め、数々の栄光に輝いてきた。

特に妹のハン・ソンイは高校時代から美人アスリートとして注目され、韓国女子バレーボールのVリーグで2003年に新人賞、2004年に人気賞、2008年に得点王を受賞。2010年アジア大会ではそのルックスから、一躍有名人に。その実力もさることながらオシャレさんとしても知られ、“韓国バレー界のファッショニスタ”とも呼ばれほどだった。

2012年ロンドン五輪では、姉のハン・ユミとともに韓国代表を務め、ベスト4進出に貢献。ふたりはスレンダーな長身美女でなおかつ姉妹ということもあって、一躍、韓国バレー界屈指の“美人姉妹”と呼ばれるようになった。