「国民が幸せな国」を表す世界ランキング、日本と韓国は何位に入った?

Pocket
LINEで送る

「国民が幸せな国」と聞かれたときに、真っ先に思い浮かべる国はどこだろうか。 

その参考になりそうな数字を米ギャラップ社が発表している。国民の幸福度を表す「肯定経験指数(positive experience index)」だ。

2014年の調査対象国は143カ国の中で、1位はパラグアイ(89点)。2位にはコロンビアやエクアドルなどが84点で並んだ。日本は83位(66点)と、世界平均71点よりも若干下にランクイン。アジア勢からは、フィリピンとシンガポールが11位(80点)で最上位、ブータン(79点)、インドネシア(78点)などがトップ30にランクインしている。

ちなみに、トップ10入りを果たしたのは、すべてラテンアメリカの国家だったそうだ。

韓国の順位はなんと…

国連が定めた3月20日の「国際幸福デー」を迎えて発表された「肯定経験指数」に対して、ショックを受けている国がある。お隣・韓国だ。