韓国プロ野球選手2人に“性的暴行の容疑”!! 1軍登録抹消も「合意の上だった」と否認

Pocket
LINEで送る

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】韓国プロ野球ネクセンヒーローズの捕手パク・ドンウォン(28)と投手チョ・サンウ(24)に性的暴行を受けたという通報があり、警察が捜査に乗り出した。

韓国野球委員会(KBO)事務局は、野球規約に従って2人に参加活動停止の措置を下しており、球団側も2人を1軍登録から抹消した。しかし2人は性的暴行の容疑を否定している。

(人気記事:日本には遠く及ばない? 日・韓プロ野球の「選手年俸」を比較してみた【2018開幕版】

5月23日、仁川(インチョン)南洞(ナムドン)警察署によれば、警察は準強姦の容疑でパク・ドンウォンとチョ・サンウを捜査しているという。

(写真=ネクセンヒーローズ公式HP)パク・ドンウォン
2人は最近、仁川市内のホテルで酒に酔った女性に対して性的暴行を加えた疑いをかけられている。警察は5月23日の午前5時21分に、被害女性の友人から通報を受けて捜査に着手した。

被害女性の友人は警察に「友人が酒に酔って気を失った状態で2人から性的暴行を受けた」と主張したという。

「合意の上だった」と主張

パク・ドンウォンとチョ・サンウは最近、SKワイバーンズとの試合のために仁川を訪れて、選手団の宿舎となっているホテルに泊まっていた。