「まだ髪も黒いくせに」と高齢者同士がケンカ!? 韓国地下鉄の“優先席トラブル”が深刻化

Pocket
LINEで送る

65歳以上の人口が約12.7%という高齢化社会を迎えた韓国。高齢者の比率は2020年に15.7%、2030年に24.3%、2050年に35.9%と予測されているほど、OECD(経済協力開発機構)加盟国のなかで最も急速に高齢化が進展している。

近い将来、日本に次ぐ“高齢者国家”になる可能性が高い。

60代が70代に、70代が80代に席を譲る時代

そんな韓国では高齢者に関する社会問題も増えているのだが、最近特に話題になっているのが地下鉄の優先席(韓国では“老弱者席”という)の問題だろう。