“性的暴行”容疑で選手2人が出頭…不祥事多発の韓国プロ野球は「道徳不感症」なのか

Pocket
LINEで送る

韓国プロ野球界に衝撃が走っている。

5月28日午前、韓国プロ野球ネクセンヒーローズのパク・トンウォン、チョ・サンウの両選手が警察に出頭したのだ。

両選手は「合意の上」と否認

彼らが今回、警察に出頭したのは、仁川(インチョン)市内のホテルで酒に酔った女性に対して性的暴行を加えた疑いをかけられているからだ。

(写真提供=SPORTS KOREA)警察に出頭したパク・トンウォン(左)とチョ・サンウ
警察は5月23日の午前5時21分に被害女性の友人から通報を受けており、2人の捜査に着手。そして先日、2人に出頭を命じたわけだ。

(参考記事:韓国プロ野球選手2人に“性的暴行の容疑”!! 1軍登録抹消も「合意の上だった」と否認

両選手が容疑を否認しているだけに現時点ではなんともいえないが、シーズン中に宿所に女性を呼んで明け方までお酒を飲む行為自体が、プロとしての自覚を問われて当然だろう。

ましてや近年、韓国プロ野球界では何かと不祥事が起きている背景も問題視されている。

例えば、2017年11月には元ハンファ・イーグルスの投手ユ・チャンシクが性的暴行の容疑で懲役2年6月を宣告されている。また2016年6月にはKTウィズのキム・サンヒョンが公然わいせつ行為で懲役8月となった。

(写真提供=SPORTS KOREA)キム・サンヒョン
キム・サンヒョンはMVPにも輝いたことがあるベテラン内野手で、そんな彼が信じがたい公然わいせつ行為に及んだだけに、発覚時はかなり衝撃的だった。

(参考記事:韓国のプロ野球選手が公然わいせつ行為で任意脱退の懲戒処分。韓国ネット民の反応は?

美女チアリーダーが被害に…

この他にも、2016年には韓国NO.1チアリーダーとされるパク・キリャンがKTウィズのチャン・ソンウ選手を名誉毀損で訴えるという事件も起きている。