「頭皮が熱い・かゆい」は薄毛の原因に。韓国の専門医に聞く対策と予防法

Pocket
LINEで送る

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】韓国の健康保険審査評価院の統計資料によると、最近5年間で薄毛治療のために病院を訪れた患者は、約105万人を超えたという。

年を重ねるにつれ薄毛に悩む患者が増加し、年齢層も広がっている。

ここに、病院に行かず自ら薄毛対策を行う人まで足すと、韓国の薄毛人口はさらに多いと予想される。

【数字で日韓比較】薄毛率が高い(≒ハゲが多い)のはどっち?

「頭皮が熱くて髪が抜ける…」その原因は?

良才洞(ヤンジェドン)に住むチェ・ジュンヨン(仮名、35)さんは、薄毛治療のために皮膚科を訪れた。近頃、抜け毛がひどく、目に見えて髪が薄くなったからだ。

チェさんは、「気のせいかもしれないが、なぜか頭が熱い感じがする。かゆくて何度もかいてしまう。日常生活に支障があり、ストレスも感じるため、急いで病院に駆け込んだ」と話した。

薄毛治療専門医院「BALMER’S漢医院LAB」江南(カンナム)店のユン・ヨンジュン院長は、「最近、頭皮が熱くなり、抜け毛の症状が現れる患者が増えている」と語る。(ページ2につづく)