「露出よりも個性を出せる」。“海開き”の韓国で今、人気のスイムウェアとは?

Pocket
LINEで送る

夏の接近を感じる6月に入り、韓国・釜山(プサン)では早くも“海開き”が行われた。釜山の海雲台(ヘウンデ)ビーチ、松島(ソンド)ビーチ、松亭(ソンジョン)ビーチが6月1日にオープンしたのだ。

同日の海雲台の気温は26度とそれほど高くないが、『聨合ニュース』によれば早くも「外国人たちが日光浴を楽しんでいる」そうだ。

韓国アイドルのトレンドはラッシュガード

そんな韓国のビーチでは近年、ビキニではなくラッシュガードが流行っている。説明するまでもないかもしれないが、ラッシュガードとはスパッツのような水着のことで、よくサーファーなどが着ているスイムウェアだ。

ファッションリーダーと呼べる韓国女性アイドルたちがラッシュガード姿を披露するケースも増えた。

(参考記事:【画像あり】韓国アイドルたちのセクシートレンドは、水着ではなく“ラッシュガード”!!

実際に、韓国メディア『マネートゥデイ』によれば、韓国国内のラッシュガード市場は2014年300億ウォン(約30億円)ほどだったが、2015年1000億ウォン、2016年1600億ウォンと急成長しており、「今年は市場規模が3000億ウォン台に上るという展望も出ている」という。

そんなラッシュガード人気は、ラッシュガードを販売するメーカーの株価にも影響を与えているようだ。

人気女優がモデル、メーカーの株価上昇

例えば、市場占有率15%で韓国の「ラッシュガードNO.1メーカー」(『韓国経済』)とされるBARRELは、夏に向けて株価が上昇している。