BTS(防弾少年団)を悩ませ悲しませる不適切な行為…これも“ワールドスター”の宿命なのか

Pocket
LINEで送る

最近、K-POPボーイズグループのBTS(防弾少年団)が世界中を驚かせている。

5月18日にリリースされた3rdアルバム『LOVE YOURSELF 転 ‘Tear’』は先行予約だけで150万枚を突破する反響を見せ、世界65カ国のiTunesトップアルバムチャートで1位という記録を達成。5月24日に行われた「ビルボード・ミュージック・アワード」では2年連続「トップ・ソーシャル・アーティスト賞」を受賞する快挙を成し遂げた。

しかも、つい先日は『LOVE YOURSELF 転 ‘Tear’』がビルボード誌の全米アルバム・チャート「Billboard 200」でK-POPアーティストとしては史上初の1位を獲得し、リード曲である『FAKE LOVE』はシングル・チャート「Hot 100」で10位を記録するなど、驚くべき記録も打ち出した。

(写真提供=SPORTS KOREA)BTS
まさにBTSは今、名実ともに“ワールドスター”になったのだ。

(参考記事:「真のワールド・スターが誕生した」PSYやピ(RAIN)と差別化されたBTSの存在感

これまで韓国出身の世界的歌手といえば、『江南スタイル』で大ヒットしたPSY(サイ)の名前が挙がることが多かった。

アジア大会やオリンピックといった音楽とは関係ない国際的なイベントが行われるたびにPSYの出演可否が話題になるくらいで、4月に行われた韓国歌手による平壌公演にも韓国政府が彼の出演を強く推していたが、北朝鮮側が難色を示したため頓挫してしまったこともあった。

著名人から大統領まで歓喜!?

そんなPSYがビルボードで達成した記録を、今度は7人の若者たちが次々と塗り替えていく勇姿は、なんとも痛快に映る。