美女トレーナーに“囲碁女神”、日本の俳優や腹筋女子も参加してきた韓国「美ボディ大会」とは?

Pocket
LINEで送る

6月6日、韓国の首都ソウルに位置する高級ホテルで『2018 NABBA/WFF アジア・ノービスクラシック』と銘打たれた“美ボディ大会”が行われる。

NABBAとは、「National Amateur Bodybuilders Association」(全米アマチュアボディビル協会)の略で、NABBAはあのアーノルド・シュワルツェネガーも輩出した権威ある団体だ。

そのNABBAが伝統的なボディビルを追求するとすれば、WWF(World Fitness Federation)はフィットネスに重きを置いた団体で、両団体の韓国支社的存在が「NABBA/WFF KOREA」である。

NABBA/WFFは2013年から韓国で大会を開催したのだが、韓国でその名を一躍有名にしたのは、“国宝級ヒップライン”の称号で知られる美女トレーナーのシム・ウトゥムだ。

(参考記事:ダイエット本も発刊!! “国宝級ヒップライン”のビキニ女神、シム・ウトゥム

どこにでもいそうなフィットネスジムのトレーナーに過ぎなかった彼女だが、『2015 NABAA WFF コリア・グランプリ』で数々の賞に輝き、その実績を引っ提げてテレビのバラエティ番組にも出演。

(写真協力=MAXIM KOREA)シム・ウトゥム
ガールズグループ少女時代のリーダーであるテヨンに似ていると話題となり、今ではモデル・タレントとして活躍している。

韓国の“マッスル・ブーム”を牽引する『マッスルマニア』も、“奇跡のDカップ女神ボディ”ユ・スンオクの登場で知名度が一気に上がっているが、『NABBA/WFF』もひとりのスター誕生によって、その存在が広く知られるようになったというわけだ

新たな“マッスル・クイーン”も登場!!

しかも、『マッスルマニア』同様に次々と新たな“マッスル・クイーン”たちを輩出している。