ソン・フンミンとチョン・ウヨンに不仲説が浮上…“口論映像”で波紋。関係者は「絶対にない」

Pocket
LINEで送る

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】ネット上で、ソン・フンミン(トッテナム)とチョン・ウヨン(ヴィッセル神戸)の不仲説が広がっている中、代表チームの関係者がこの件について説明した。

事の発端は6月7日、オーストリアのインスブルックで行われたボリビア戦の終了直後の中継映像だった。

韓国代表のソン・フンミン
チョン・ウヨンがあいさつのためにハーフラインに向かう途中、しかめっ面でソン・フンミンに話しかけ、咎めるような様子が映された。

ファンたちはこの映像に疑問を投げかけた。さらに、キム・ヨングォンがチョン・ウヨンをなだめるようなジェスチャーをした。

代表チームの関係者は、次のように説明した。

「試合終了直前のフリーキックの場面で、ソン・フンミンが走り込み、チョン・ウヨンがソン・フンミンの方にボールを渡す約束をしていたが、タイミングが合わなかった。

それでソン・フンミンが先にチョン・ウヨン近づき、“もう少しゆっくり蹴ってくれよ”と笑いながら話して通り過ぎた。するとチョン・ウヨンは、“私は、蹴ると同時にフンミンが走り出すと思ったよ”と答えた。

このやりとりが、中継画面に映された」

なぜ、しかめっ面だったのか

代表チームの関係者は、こう付け加えた。