突然の不参加には裏がある…? Highlightユン・ドゥジュンの出国不可と兵務庁資料の「矛盾」とは

Pocket
LINEで送る

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】兵務庁は、K-POPグループHighlightのユン・ドゥジュンの出国不可と今回の兵役法改正とは関係がないという立場を示した。

(参考記事:人気グループBEASTが「Highlight」に改名!なぜK-POPグループは改名が多いのか

兵務庁は6月8日、報道資料を通じて、次のように明らかにした。

「ユン・ドゥジュンの出国不可と、先月29日に兵役法が改正されたこととは関係がない」

「今回の兵役法改正内容は、25歳から27歳まで適用される短期海外旅行の許可基準を補完したものであり、1989年生まれのユン・ドゥジュンは該当しない。 ユン・ドュジュンが海外旅行の許可規定改正によって出国が困難になったという報道は、事実ではない」

突然の不参加表明には裏があった…?

ユン・ドゥジュンの所属事務所であるアラウンド・アース・エンターテイメントは6月7日、公式ホームページを通じて、「2018年5月29日付で兵役法が一部改正されたことによって、Highlightのメンバーであるユン・ドゥジュンの出入国が難しくなった。したがって、ユン・ドゥジュンは6月9日に予定されたハノイ K-foodイベントと、6月24日のバンコクでのファンミーティングに参加できなくなった」と伝えていた。

(人気記事:「笑わせてくれる…」BTS(防弾少年団)を“パクった”EXILE系グループ誕生に韓国が怒り心頭!!