韓国版『空から降る一億の星』キャスト発表!! ソ・イングク&チョン・ソミン共演に期待高まる

Pocket
LINEで送る

(写真=JELLYFISH ENTERTAINMENT提供)

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】2018年下半期に放送予定のドラマ『空から降る一億の星』(tvN)側が6月11日、「主人公役のソ・イングクに続き、チョン・ソミンがヒロイン役として出演を確定した」と発表した。

『空から降る一億の星』は、2002年にフジテレビで放送された同名のドラマのリメイク作。原作は人気脚本家北川悦吏子が執筆し、木村拓哉、深津絵里などが出演していて、韓国にもファンが多数存在する。

小栗旬と石原さとみ主演ドラマが韓国でリメイク放映。その企画意図にあるものとは?

そんな中、卓越した演技力と魅力的なビジュアルを持つチョン・ソミンと、「興行保証小切手」と呼ばれるソ・イングクの共演でどんな相乗効果を発揮するか、注目が集まるところだ。