三浦桃香ら「黄金世代」よりも若い! 強くて愛くるしい“韓国女子ゴルフの新世代”たち

Pocket
LINEで送る

日本女子プロゴルフ界が“黄金世代”の台頭で沸いている。

2014年に史上最年少15歳と293日でツアー優勝を飾った勝みなみ、昨季の日本女子オープンを制した畑岡奈紗に続けといわんばかりに、今季は三浦桃香、原英莉花、新垣比菜などの活躍が目覚ましい。

彼女たちはいずれも1998年生まれ(畑岡は1999年1月生まれ)で、今年20歳になる若手たちだが、実は韓国でも若手が頭角を表している。

例えば、その愛くるしい笑顔とは対照的な勝負強さを備えた“可愛らしき怪物”チェ・ヘジンである。

2017年6月には高校生アマながらKLPGAツアー初優勝を遂げ、翌7月には全米女子オープンで準優勝。その6週間後にもKLPGAツアーで優勝してプロ転向する前に2勝をあげてしまった逸材だ。

(参考記事:強くて可愛いチェ・ヘジンに韓国のオジサマたちが夢中になるワケ

2017年8月にプロ転向すると、12月にはベトナムで開催された「2018 KLPGA開幕戦ヒョソン・チャンピオンシップwith SBS」で優勝した。中学生の頃から韓国国家代表に選ばれてきたスーパーエリートは、プロになっても着実に成長している。

このチェ・ヘジンが韓国で揉まれた怪物とすれば、アメリカで鍛えられて頭角を現した怪物もいる。ドライバー飛距離が平均280を越える“長打美女”ことソン・ウンジョンだ。

(参考記事:米国修行で腕をあげたニキビ顔のスーパー女子高生ゴルファー、ソン・ウンジョン

日本よりも若い、韓国の新世代

中学時代に国家代表に選ばれるも、そのポジションを放棄してアメリカに武者修行へ。