『トッケビ』の名演技で魅力を発揮するコン・ユ。彼がいるから韓流がさらに味わい深くなる

Pocket
LINEで送る

「私が演じたハンギョルは、ウンチャン(ユン・ウネが演じていて、女性なのに男装していた)を男だと知りながら、それでも告白するシーンに妙なドキドキ感がありました。それまでそんなドキドキを感じたことがなかったので面白かったです。

また、運転しながらウンチャンの電話を切った後に子供のように泣くシーンがあるのですが、2~3回テイクを繰り返すうちに涙があふれてきました。そのときは、“これ以上は出来ません”と監督に言うほど力が抜けてしまいました。自然に涙があふれてきたんです。

ずっと演技をしてきて初めての経験でした」

(写真提供=SPORTS KOREA)『コーヒープリンス1号店』でMBC演技大賞を受賞したコン・ユ
この言葉を聞いていると、コン・ユがいかに全身全霊を傾けてハンギョルになりきっていたかがわかる。間違いなく、この『コーヒープリンス1号店』でコン・ユは俳優として大きな成果を得たのだ。

しかも、自分の演技に没頭するだけでなく、共演者のユン・ウネのこともしっかりサポートしている。男になりきって演技するユン・ウネに、そのことを徹底させようと手助けをしたのだ。

授賞式での感激

当時のことをユン・ウネがこう語っていた。