日本では「セクシー」ばかりが強調されるアン・シネの意外なもうひとつの“顔”とは?

Pocket
LINEで送る

6月14日から韓国ではKLPGA(韓国女子プロゴルフ協会)ツアーの今季13戦目にして2つ目のメジャー大会となる「KIA自動車 韓国女子オープン」が、仁川(インチョン)のベアーズ・ベストGCで行われている。

1987年から開催されている「韓国女子オープン」は、過去に申ジエ(2006年、2008年)、アン・ソンジュ(2007年)ら現在は日本で活躍する選手たちが優勝しており、2010年には“韓国ゴルフ界のオシャレ番長”の異名を持つヤン・スジンも優勝したことがある大会だ。

韓国でも大胆ミニスカ姿を披露

そのヤン・スジンと同じく“韓国美女ゴルファー神セブン”のひとりに数えられるアン・シネも、今回の「韓国女子オープン」に出場している。アン・シネにとっては4月下旬の「KLPGAチャンピオンシップ」、先週行われた「S-OILチャンピオンシップ」に続く今季3度目の韓国ツアーだ。

2試合とも予選落ちで終わっただけに「韓国女子オープン」で結果を残し、なんとか存在感を示したいところだが、実は先週、韓国でもニュースメイカーらしい一面を覗かせることがあった。

アン・シネが自ら着用したゴルフウェアを、済州島で暮らす高校1年生のジュニア選手にプレゼントしたというのだ。

そもそもアン・シネといえば、ボディラインが目立つタイトなゴルフウェアとミニスカートが有名だ。旧知の韓国ゴルフ記者によると韓国でもアン・シネのファッションは何かと話題になる。

(参考記事:追跡写真22枚!! 韓国では膝上35センチの“スカイブルー”!? アン・シネとマッチプレー!!

ジュニアに自身着用ウェアをプレゼント

そのアン・シネが自ら着用したゴルフウェアを女子高生に送ったのは、慈善活動の一環でもあった。