FC東京チャン・ヒョンスも炎上リンチにさらされる韓国“テックル・テロ”の恐怖

Pocket
LINEで送る

ロシアw杯に関するニュースが世界中を駆け巡っている。

ネットでは美女サポも話題だが

日本では、コロンビアに大金星を挙げた日本代表の最新情報に始まり、西野監督の人柄や大迫勇也のルーツにプライベート、はたまた各会場を彩る世界の美女サポーターまで、さまざまな情報がネットで話題になっていると聞く。

それは韓国も同じで、韓国代表のことはもちろん、選手たちの私生活に“美女サポーター”などの情報がネット上に続々とアップされている。

スポーツ新聞『スポーツ・ソウル』によると、最近はシン・セロムという女性が話題だそうだ。

韓国では2002年ワールドカップ時に登場した “応援女神ミナ”以降(ミナは歌手としてもデビュー)、フォトジェニックな美女サポーターを“ワールドカップ美女”と呼ぶが、シン・セムロは “5代目ワールドカップ美女”としてネットでバズッているらしい。

(参考記事:【画像】韓国のエロかわ “歴代ワールドカップ美女”を一挙ご紹介!! ロシアW杯でも現れるか?

こうしたネット上での盛り上がりがワールドカップの熱気と関心をさらに高めてくれるが、その一方で心配になるのは韓国の“テックル・テロ”のことだ。

度を過ぎた批判でネット炎上

“テックル”とは、ネットニュースに読者が書き込むコメントのこと。Yahoo!ニュースでいう“ヤフコメ”のようなイメージといえば伝わりやすいだろうか。