米ロサンゼルス空港で“売春婦”と誤解された韓国ガールズグループの悲劇

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTSKOREA)
(写真提供=SPORTSKOREA)

過激な衣装やダンスで“セクシー合戦”を繰り広げることも多い、韓国のK-POPガールズグループ。それが災いしてか、アメリカから“売春婦”扱いを受けてしまったガールズグループがいる。

舞台は、アメリカのロサンゼルス空港。8人組のアイドル「OH MY GIRL」が、売春婦と誤解されて15時間以上も空港で抑留されるという、とんでもないハプニングが起こったのだ。所属事務所によると2015年12月9日、OH MY GIRLは新しいアルバムのジャケット撮影を行うためにロサンゼルスへ向かったのだが、税関で問題が発生したという。

事の顛末はこうだ。