西野ジャパンとの違い。韓国はロシアで「死亡届け」を突きつけられていた!

Pocket
LINEで送る

(写真提供=FA photos)
韓国のロシアW杯が終わった。

スウェーデンとメキシコに2連敗し、1990年イタリア大会以来28年ぶりの3戦全敗という悪夢もよぎったが、最終戦では下馬評を覆しドイツに2-0で勝利。

グループリーグ突破は達成されなかったが、前回王者を破る快挙を成し遂げたことで、国全体がほっと胸を撫でおろししているといった状況だろうか。

サポーターの反応を見ても、代表チームを称える声が目立っている印象だ。

ドイツ戦の前までは、FC東京のチャン・ヒョンスをはじめ、選手たちに対して一部の人々が口にも出せないような誹謗中傷を行うなど、代表チームは猛烈な批判を浴びていたが、ドイツに勝利したことで一定の信頼は取り戻したように見える。

(参考記事:「代表永久除名」「刺青を消せ」はまだ序の口…FC東京チャン・ヒョンスへの批判がひどすぎる

2連敗のどん底からドイツを破る快挙を成し遂げ、ロシアW杯を終えた韓国。大きな浮き沈みを経験したが、韓国メディアはこの結果をどのように評価しているのか。

韓国でもっともメジャーなサッカー専門誌『FourFourTwo KOREA』のホン・ジェミン編集長に話を聞いた。

ロシアW杯は「失敗だった」

――まずはドイツ戦の感想から聞かせてください。