イ・ボミもキム・ハヌルも優勝なし…韓国女子ゴルファーの勝率が日米で下がっている

Pocket
LINEで送る

6月が終わり、早くも2018年の上半期が終わった。

女子ゴルフ界では、19歳の畑岡奈紗が米女子ツアーで初優勝を飾ったり、“セクシークイーン”ことアン・シネが水着写真を発売したりと、さまざまな話題があった。

(参考記事:【画像】アン・シネがゴルフウェアを脱いだ!! “水着”で証明したセクシークイーンのボリューム感

先週は大会がなく、今週末7月6日から「ニッポンハムレディスクラシック」が行われるが、ここで一度これまでの韓国女子ゴルファーの成績を振り返ってみたい。

韓国女子ゴルファーの勝率が落ちている?

3月1~4日の「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」に始まり、6月21~24日の「アース・モンダミンカップ」までの計17大会のうち、韓国女子ゴルファーが制したのは、5大会だった。