C大阪ユン・ジョンファン監督が「ベルギー戦の敗因」と「西野ジャパン成功の原動力」を語る

Pocket
LINEで送る

【前回】「西野ジャパン躍進の要因は3つある!」C大阪ユン・ジョンファン監督が語るハリル体制との違い

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】セレッソ大阪ユン・ジョンファン監督のコラムをお届けする。

×××

日本のロシアW杯も終わった。

決勝トーナメント1回戦でベルギーに2-3で逆転負けしたが、日本国内では“持てる力を出しつくした”という雰囲気が形成されているように見える。

悔しい敗北だが、16強入りを達成するまでの過程を肯定的に評価して締めくくる雰囲気だ。概ね日本の文化がそうだというところもある。

本田圭佑、長谷部誠、香川真司、川島永嗣など引退の話が出た一部の主力選手たちの穴埋め役の話や、今回の16強世代のノウハウを4年後のカタール大会にどのように引き継がなければならないかなどをテーマにしたテレビ番組もたくさん放送されている。

韓国もキ・ソンヨン、ク・ジャチョルらが今大会を最後に代表チーム引退を考えているというが、韓日サッカーが世代交代においてまた一つの競争をすることになった。

もちろん、完全に肯定論だけが台頭しているわけではない。ベルギー戦での逆転負けは、一言でいえば底力が足りなかったし、戦術対応が不十分だった。

ベルギー戦は「作戦が残念だった」

韓国と日本の差をいえば、韓国は先制的な対応が未熟だが、日本は大きな大会であっても自らのスタイルを崩さないということがある。

ただ、勝っているとき、最後までうまく試合を展開するという側面では逆だ。韓国が守備的な戦術変化などを通じて根気よく勝負を締めくくるのに対し(ドイツ戦の2-0の完勝がその例といえる)、日本は相手の攻撃に対応する力が足りなかった。

ベルギーは後半にマルアン・フェライニなどを交代で投入し、目に見える攻撃戦術を起用したが、日本は変化よりも、それまでやってきたことを守ろうとして最後にやられた。

ベルギーの選手が力とスピード、個人の技量で勝っているというのが事実だが、日本は最後まで耐えるための作戦が残念だった。

日本の成功の原動力は何だったか

それでも、日本の16強進出が韓国に示したものは大きい。(ページ2へ続く)

(人気記事:【画像あり】美少女サポーターの“へそ出しすぎユニホーム”が話題。「吸い付きたくなる白肌だ!!」