ロシアW杯が生み出した特別待遇「カバン権」とは? SNSテロ被害者チャン・ヒョンスは…

Pocket
LINEで送る

ロシアW杯でグループリーグ敗退に終わった韓国だが、グループリーグ最終戦でドイツ相手に大金星を挙げたこともあって、その余韻は今も続いている。

キ・ソンヨンの「美女パートナー」も話題に

ドイツを破った快挙の続報は絶えず、6月29日に帰国した代表選手たちのインタビューや、殊勲選手の特集記事なども数多い。

選手のプライベートにスポットライトを当てるメディアも少なくない。例えば主将のキ・ソンヨンは、妻で女優のハン・ヘジンが「美女パートナー」として知られているが、2人の馴れ初めなども改めて話題になっている。

(参考記事:【画像】ソン・フンミンの「恋人」は? 韓国代表の「美女パートナー」たちがかわいすぎる!!

もちろん、アジア勢で唯一グループリーグを突破し、決勝トーナメント1回戦でベルギーを苦しめた日本のことも大々的に取り上げられている。

スポーツ新聞『スポーツ・ソウル』などは、試合の翌日にセレッソ大阪のユン・ジョンファン監督の分析コラムを掲載していたほどだ。

(参考記事:C大阪ユン・ジョンファン監督が「ベルギー戦の敗因」と「西野ジャパン成功の原動力」を語る

流行語となっている“カバン権”とは?

そんな韓国で今、とある言葉が流行語になっているという。