俳優チャン・グンソクが兵役へ。双極性障害のため社会服務要員として代替服務

Pocket
LINEで送る

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】俳優チャン・グンソクが、今月16日から兵役の義務を果たす。

【画像60枚】チャン・グンソクを韓国カメラが撮影!! “激レア”写真を集めてみた

「双極性障害(躁うつ病)」のため、社会服務要員として2年間服務する予定だ。

2011年に双極性障害診断を受けた

7月6日午後、チャン・グンソクの所属事務所ツリージェイカンパニーは、「チャン・グンソクは、兵務庁の兵役判定検査で“双極性障害(躁うつ病)”の理由で4級判定を受け、7月16日に入所し、2年間兵役の義務を果たすことになった」と明らかにした。

所属事務所は、「チャン・グンソクは2011年に大学病院で初めて“双極性障害”の診断を受け、その後施行されたすべての兵役判定検査で再検査対象判定を受けてきた。この過程において本人の入隊延期要請はなく、兵務庁の再検を誠実に履行した。そして、最近4級の社会服務要員召集対象として最終処分を受けた」と、過程を説明した。

続いて、「身体等級は個人情報に該当する。俳優の健康状態を明かすことに対し、慎重にならざるを得ない。しかし、彼はファンの愛情によって成長し、存在していることをよく自覚している。よって、極めて個人的な問題であっても明確に公開するのが責任であり、道理だと思った」と伝えた。

また、「本人は双極性障害を克服するためにベストを尽くし、その過程で後遺症を経験しながらも、バランスを取ろうと努力したが、満足のいく結果を得られず、申し訳ない。どんな職務であろうと、責任を持って誠実に務める」と、明かした。

(構成=李 ハナ)