韓国映画市場で日本映画がシェアNO.1、でも8割が「R18指定」の成人映画のなぜ!?

Pocket
LINEで送る

世界的な評価も高い韓国映画。目の肥えた韓国の映画ファンたちは、どんな海外映画を見ているのだろうか。

それを知るために、韓国映画市場における外国映画のシェアを見てみると、なんと日本映画がシェアNO.1に輝いている。韓国では、ハリウッド映画やフランス映画を差し置いて、日本映画が楽しまれているということだろうか。

韓国の映像物等級委員会(日本の映画倫理委員会に相当する機関)が2016年1月11日に発表した2015年度の国別等級分類数によると、1位は483作品(28.8%)の日本だった。続いてアメリカ422作品(25.1%)、韓国367作品(21.8%)、フランス74作品(4.4%)、イギリス56作品(3.3%)、中国36作品(2.1%)となっている。

日本が韓国映画市場でシェア1位に輝いたのは史上初。ちなみに2014年度は、アメリカ385作品、韓国353作品、日本285作品、フランス56作品、中国51作品、イギリス48作品の順だった。

韓国への日本映画の輸入本数は、1年で約1.7倍にも増加したことがわかる。

作品数は日本がトップだが…!?

ただ、この数字の裏には、見過ごしてはならない追加事項がある。