ロシアW杯を彩った「イレズミ」イレブン…韓国選手の“タトゥー自慢”は日韓戦から始まった?

Pocket
LINEで送る

いよいよ決勝戦の対戦カードが決まったロシアW杯。フランスの20年ぶりの優勝か、それともクロアチアが初の世界一に輝くのかなど興味が尽きないが、今回のワールドカップ期間中、個人的に気になったことがある。

各国代表選手たちのタトゥーだ。

ブラジル代表のネイマールやアルゼンチン代表のメッシなど世界的なスター選手がタトゥーを入れていることは有名な話だが、ベルギー代表のエデン・アザールが左わき腹に日本語のタトゥーを入れていることが報じられるなど、選手たちのタトゥーも話題になった。

アルゼンチン代表を指揮したホルヘ・サンパオリ監督の腕タトゥーも話題になった。

ロシアに臨んだ韓国代表の中にも、体にタトゥーを刻んでいる選手は多い。

日本では何かとタブー視されがちなタトゥーだが、韓国サッカー界では以前から堂々とタトゥーをアピールする選手が多かった。韓国代表コーチを務めるチャ・ドゥリは、サンパオリ監督顔負けの両腕タトゥーを刻んでいるし、女子選手がタトゥーを入れることも珍しくない。

(参考記事:一挙公開!! 韓国サッカー界の“文身=タトゥー”ベストイレブンはこの11人!!

韓国でもタトゥーを刻んでいる選手は多い

そんな免疫があることもあって、ロシアW杯を戦った韓国代表選手たちのタトゥーも話題になった。